~Chef's Room~ vol.10

食べるインスリン・キクイモ 瀬戸内市/水田祐助さん



岡山県瀬戸内市で有機栽培の生産者で水田 祐助さんから購入したキクイモです。

 

河川敷や草地に生育する在来種の植物と競争し、駆逐する危険性があるため、 外来生物法によって要注意外来生物に指定されています。それも 一つの球根から たくさんとれますし、野生化するほどだそうです。作り方は簡単で水やりも少なくてすむみたいで、簡単に言うと、ほうりぱなしで構わないわけでして、なんで あまり売れないのかわからないです。

煮ても、揚げても、炒めてもおいしいのに、・・・

 

効能はなんと言つても イヌリンです。

芋なのに、デンプンはふくみません。なんと言っても、食物繊維と難消化性の多糖類イヌリンです。イヌリンは砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まず、脂肪と比べても6分の1から9分の1程度のエネルギーしか含まないんです。

 

さらに、カルシウムの吸収を促進し、おそらくはマグネシウムの吸収も促進する。また、腸におけるバクテリアの活動を増進させます。糖尿病の方には、超おすすめの食材です。水溶性なので 食べる直前に洗い、煮だした汁も使いきり、食べる事が大事です。

キクイモの花です。かわいいでしょ?

キクイモについてもっと知りたい方はこちらから

菊芋研究所

http://www6.ocn.ne.jp/~kikuimo/index.html

 

詳しい事は、高橋さんの直筆の本を書いております。

興味がありましたらご購入 してみてください。